役員


Sammy Cheung (サミー・チャン)

同分野での25年近くの経験を経たとき、当時のプログラマブル製品開発の手法ではお客様の抱えるさまざまな問題を解決できておらず、よりよい方法が必要だという考えに至り、共同創業者のトニー・ガイ(後述)と意気投合。その目標を果たすために、2012年、エフィニックス(Efinix®)を立ち上げました。サミーは、エフィニックスの社長 兼 CEO で、FPGA、CPLD、ストラクチャード ASIC、不揮発性メモリに関して広範な知識と経験を持ち、プログラマブル半導体の開発におけるエクスパートです。

Sammy Cheung

Tony Ngai (トニー・ガイ)

トニーは、アルテラ社、ザイリンクス社、ラティス・セミコンダクタ社、AT&T ベル研究所において、20 年間 FPGA の開発経験を積んだ後に、共同創業者のサミーとともに、新しい柔軟な FPGA ファブリックの開発に着手しました。これまでの商用 FPGA アーキテクチャ開発で得られた知識をいかし、従来のものとは異なる、効率性に優れたアーキテクチャの開発を志しました。米国および海外において 40 件を超える特許を取得しており、FPGA アーキテクチャ、IC 設計、さらに配置配線 (PnR) ソフトウェアの知識を合わせ持つ、プログラマブルロジックのイノベーターです。

Tony Ngai

Richard Sevcik (リチャード・セビック)

エフィニックス (Efinix) の顧問を務めた後、リッチ氏は、ザイリンクス社のエグゼクティブ バイス プレジデントおよび取締役会メンバーとして 10 年近くを過ごし、四半期収益を 1 億 3,500 万ドルから 4 億 5,000 万ドル以上に引き上げることに貢献しました。その後は、半導体企業にコンサルティング サービスを提供する Sevcik Consulting を設立しました。2011 年にラティス・セミコンダクタ社に買収されるまで、シリコンブルー・テクノロジーズ社の取締役も務めました。現在は、AnDapt 社の取締役会および DSP コンセプト社の戦略取締役を務めています。

Rich Sevcik

Christopher Norris (クリストファー・ノリス)

クリス氏は起業家であり、企業の構築と組織のリーダーとしての実績を持っています。直近では、アルタデバイセズ社の社長 兼 CEO を務めていました。アルタデバイセズ社の前は、BlueRun Ventures でベンチャー パートナーを務めていました。また、マイクロディスプレイ社で社長 兼 CEO を務め、サイプレス・セミコンダクタ社では VP 兼 ジェネラル マネージャとして 17 年間を過ごしました。現在は、自身の経営コンサルティング会社である Aurinko Group の創設者であり、案件の発掘、デリジェンスの管理、事業計画の精緻化や資金調達のプロセスを通じて起業家を指導しています。

Chris Norris

Jason Yeung (ジェイソン・イェン)

ジェイソン氏は、25 年以上のウェルスマネジメントと投資銀行業務の経験があります。その間、15 年間ウェルスマネジメントに専念し、50 億米ドル以上を管理する専門家チームを構築しました。また、株式、債券、デリバティブ、プライベート・エクイティ、その他の投資において、超富裕層の顧客にアドバイスを提供しました。また、彼は資産運用ビジネスも大成功させ、顧客に世界中の優れた投資マネージャーを紹介しています。クレディ・スイス、メリルリンチ、JP モルガン、ゴールドマン・サックスなど、さまざまな投資・銀行組織で役員職を歴任しています。

Jason Yeung

Mun Hon Ng (ムン・ホン・ウン)

ムン・ホン氏は、投資銀行業務、コーポレート・ファイナンス、直接投資において 15 年以上の経験があります。現在は、マレーシア国家イノベーション庁の戦略投資担当副社長を務めています。 それ以前は、マレーシア・ベンチャーキャピタル・マネジメント・バーハド (MAVCAP) のシニア・マネージャーとして、東南アジア地域における新規ベンチャー企業への投資と構築に注力していました。MAVCAP の前は、Public Investment Bank と TA Securities に所属し、資金調達、IPO、M&A の分野で企業アドバイザリーを提供していました。

Mun Hon

Shahril Anas Hasan Aziz (シャハリル・アナス・ハサン・アジズ)

シャハリル氏は、Fave/KFit や cars24 などアジアの新星に投資してきたマレーシア・ベンチャーキャピタル・マネジメント・バーハド (MAVCAP) の投資担当SVPです。MAVCAP では、より多くのコーポレートベンチャーファンドやパートナーシップの設立に取り組んでいます。シャハリル氏は、25 年以上の投資と資金調達の豊富な経験を持ち、これまでに従業員プロビデント基金 (EPF)、マレーシア技術開発公社 (MTDC)、ユニット・ペラジュ・ブミプテラ (TERAJU) などで働いた経験があります。

Shahril