今こそ

Titanium FPGA でコンピューティングを高速化

会社概要

共同創業者の Sammy Cheung (サミー・チャン) と Tony Ngai (トニー・ガイ) は、他の FPGA 企業やプログラマブル企業を含む半導体企業で 25 年以上働いた後、2012 年にエフィニックス (Efinix) を設立しました。彼らは、ユニークで今までにはない革新的で柔軟性のある FPGA ファブリック、Quantum™ アーキテクチャを発明することから始めました。Quantum はエフィニックスのキーテクノロジであり、シンプルなブロックベース構造にメモリと乗算器または DSP ブロックの列を配置した FPGA ファブリックです。このファブリックは、プロセスやファブに依存しないように設計されており、通常の SoC 設計フローと互換性があります。

エフィニックスの高性能 Titanium FPGA は、16 nm プロセスで製造され、メインストリーム・アプリケーションの演算処理要求に合わせてカスタマイズされ、性能アップした Quantum ファブリックを搭載しています。このスケーラブルなプラットフォームは、インテリジェントなエッジ・デバイス、産業用オートメーション、ビジョン・システム、エッジ・サーバー、通信などの市場を対象としています。

第 1 世代の Trion® FPGA は、特許取得済みの Quantum アーキテクチャで構成されています。このファミリは、お客様にキーとなる新しい FPGA ファブリックへのアクセスを提供し、エッジ・アプリケーション、モバイル、IoT 機器などに求められる小型パッケージ、低消費電力、大量生産に最適化されたデバイスです。

エフィニックスはグローバル企業で、世界中に拠点を構えています。当社の投資家は、当社の Quantum アーキテクチャとチームに価値を見出したハイテク半導体およびシステム ベンダーの集まりです。FPGA 開発と生産は単純ではなく、ハードウェアとソフトウエアの両方を理解し、成功させることができる人材が必要不可欠です。当社は、この課題に対応するために強力なチームを編成しました。