今こそ

FPGAを新たなステージへ

会社概要

共同創業者の Sammy Cheung (サミー・チャン) と Tony Ngai (トニー・ガイ) は、他の FPGA 企業やプログラマブル企業を含む半導体企業で 25 年以上働いた後、2012 年にエフィニックス (Efinix) を設立しました。彼らは、ユニークで今までにはない革新的で柔軟性のある FPGA ファブリック、Quantum™ アーキテクチャを発明することから始めました。Quantum はエフィニックスのキーテクノロジであり、シンプルなブロックベース構造にメモリと乗算器の列を配置した FPGA ファブリックです。このファブリックは、プロセスやファブには依存しないように設計されており、7層のメタル層を使用した通常の SoC 設計フローと互換性があり、特別な電力要件はなく、標準の ASIC として提供することができます。

Trion® FPGA は、特許取得済みの Quantum アーキテクチャを使用し、Quantum コアをペリフェラル インターフェイスで囲み、パッケージされた製品です。このファミリは、エッジ・アプリケーション等で必要とされる小型パッケージ、低消費電力、大量生産に最適化されています。

Quantum ファブリックと Trion FPGA の成功から、エフィニックスは、第二世代のファミリを発表しましたTrion Titanium FPGA は、16 nm プロセスを採用し、再設計され進化した Quantum コンピューティング・ファブリックを搭載しています。

エフィニックスはグローバル企業で、世界中に拠点を構えています。当社の投資家は、当社の Quantum アーキテクチャとチームに価値を見出したハイテク半導体およびシステム ベンダーの集まりです。FPGA 開発と生産は単純ではなく、ハードウェアとソフトウエアの両方を理解し、成功させることができる人材が必要不可欠です。当社は、この課題に対応するために強力なチームを編成しました。